取り組みやトレンド
邸宅の中

注文住宅一戸建て建築は地元の工務店で建てるか、あるいは建築設計事務所で企画や間取りからアイデアを盛り込んだデザイン住宅を建てるか、もしくはハウスメーカーの建て坪数の中からプランを選択するか、その一部の間取り変更してそれで行くかといった選択方法があります。
いずれの方法も良いところを持っていて住まう人のライフスタイルや予算に合わせて建てることになります。

注文住宅の一戸建て建築において現在の取り組みや流れとしては、現在建っている住宅で古いものは取り壊して新規に建て替える場合と、リフォームやリノベーションを行って機能的にも現代に合わせ、資産価値をあげた上で住宅の寿命をさらに先に延ばすという考え方があります。
いずれにしても住宅はサイクルを短くして建て直すよりも建ったものを長らくの間使うという考え方になって来ているようです。
大きな金額での買い物をしているのに、30年前後で壊してしまうのはいかにももったいない気もします。
材料も違いますが、欧州における賃貸住宅が何百年も持つような作りになっていて、そのまま使い続けるということを知るに至り、これはインフラの使い方としては望ましいと感じてき出したのかも知れません。
注文住宅の一戸建て建築において百年住宅に注目が集まっています。
これは短い工期で建てた住宅が単に100年持つということではありません。
新築時から長きに渡って心地よく住まえる、あるいは時代を超えて残るデザイン、家族構成の変化にも柔軟に対応できる住宅、コストも経済的で耐震性と耐久性に優れ、メンテナンスをも考慮した住宅作りという内容のものです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031